清澄庭園 この公園について

outline03301.jpg

泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」です。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられたものですが、明治時代の造園にも受けつがれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたといわれています。
この地の一部は江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716~1736年)には、下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、その頃にある程度庭園が形づくられたようです。
明治11年、岩崎弥太郎が、荒廃していたこの邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造成を計画、明治13年に「深川親睦園」として 一応の竣工をみました。弥太郎の亡きあとも造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を 代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。
清澄庭園は、関東大震災で大きな被害を受けましたが、この時図らずも災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救いました。岩崎家では、こう した庭園の持つ防災機能を重視し、翌大正13年破損の少なかった東側半分(現庭園部分)を公園用地として東京市に寄付し、市ではこれを整備して昭和7年7 月に公開しました。

また、昭和52年には、庭園の西側に隣接する敷地を開放公園として追加開園しました。ここには芝生広場、パーゴラなどがあります。また、サクラの木が20 本ほど植えられ、春のお花見の場となっています。なお、庭園の方は、昭和54年3月31日に東京都の名勝に指定されています。

outline03302.jpg
開園年月日
昭和7年7月24日
開園面積
庭園 37,434.32平方メートル、開放公園 43,656.95平方メートル(平成27年7月1日現在)
主な植物
クロマツ、サクラ(カンヒザクラ)、アジサイ、ツツジ類、ハナショウブ
施設
集会場(涼亭大正記念館

車いす通行可ルートはこちら

年間カレンダー

見られるもの イベント
カンヒザクラ、ミツマタ、サトザクラ、ツツジ類、ハナミズキ、アセビ、サンシュユ、ユキヤナギ、サツキ、ボタン、シャクヤク、シャガ、フキ、ゴモジュ マツのみどり摘み 親子工作教室
5月5日(こどもの日)
ハナショウブ、ハクチョウゲ、アジサイ、ハナキササゲ、サルスベリ、タイワンニンジンボク、ギボウシ 花菖蒲祭り 6月中旬
七夕飾り 7月上旬
ハギ、サザンカ、ヒガンバナ、ツワブキ、シュウメイギク ハゼの紅葉、マツのもみ上げ
ツバキ、ウメ、スイセン、フクジュソウ 冬鳥、庭園の冬支度 正月開園 1月2日・3日

ご利用について

ペットをお連れの方へ
有料公園(都立庭園・植物園等)は、公園管理上、犬などのペット連れでの入場はお断りしています。
AED設置公園施設
この公園施設ではAEDを設置しています。お客様の安全安心確保に努めています。
喫煙マナーのお願い
喫煙は、多くの利用者が集まる場所・広場や受動喫煙のおそれがある場所などではご遠慮いただいております。公園内における喫煙マナーについて、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
撮影について

よくあるご質問

Q.最寄りの駅はどこですか?そこからどのくらい歩きますか?
A.都営大江戸線、東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅のA3出口から、徒歩約3分です。

Q.庭を一周するとどのくらいの時間がかかりますか?
A.約40分位です。

Q.出入口は一箇所ですか?
A.はい、一箇所です。

Q.駐車場はありますか?
A.いいえ、ありません。近隣の民間駐車場をご利用ください。

Q.庭園ガイドは、いつですか?
A.土・日・祝日の午前11時からと午後2時から、約1時間ご案内します。他にも、一ヶ月前であれば、特別ガイドをお申込みいただけますので、お問合せ下さい。

Q.車椅子で鑑賞できますか?
A.はい、鑑賞できます。池の半周がフラットな車椅子ルートです。貸出用の車椅子を4台ご用意しております。

Q.園内での飲食はできますか?
A.はい、できます。ベンチや野外卓をご利用ください。レジャーシートのご利用はできません。
※アルコール類の持込はできません。

Q.ペットを連れての入園はできますか?
A.ペットを連れてのご入園(ケージ等に入れての入園についても)はご遠慮いただいております。また、窓口でのお預かりもご遠慮いただいております。ご了承ください。

Q.大正記念館、涼亭は利用できますか?
A.はい、予めご予約をいただいて、ご利用できます。
施設ご利用案内
その他は、お電話にてお問い合わせください。
お問合せ先 03-3641-5892

公園を探そう