向島百花園 この公園について

outline03201.jpg

江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に造られた庭園。庭を造ったのは、それまで骨とう商を営んでいた佐原鞠塢。交遊のあった江 戸の文人墨客の協力を得て、旗本、多賀氏の元屋敷跡である向島の地に、花の咲く草花鑑賞を中心とした「民営の花園」を造り、開園しました。
 
開園当初は、360本のウメが主体で、当時有名だった亀戸の清香庵字臥竜梅の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と呼ばれたほどです。その後、ミヤギノハギ、筑 波のススキなど詩経や万葉集などの中国、日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようにしました。「百花園」の名称は、一説で は、「梅は百花に魁けて咲く」または「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたものです。

百花園は当時の一流文化人達の手で造られた、庶民的で、文人趣味豊かな庭として、小石川後楽園や六義園などの大名庭園とは異なった美しさをもっています。
 
民営としての百花園の歴史は昭和13年まで続き、同年10月に最後の所有者の小倉未亡人から東京市に寄付され、翌14年7月に東京市が有料で制限公開を開始しました。なお、昭和53年10月に文化財保護法により国の名勝及び史跡の指定を受けました。

outline03202.jpg
開園年月日
昭和14年7月8日
開園面積
庭園 8,718.52平方メートル、開放公園 2,167.36平方メートル(平成27年7月1日現在)
主な植物
ウメ、ハギ、春の七草、秋の七草、セツブンソウ、カタクリ等 草本類約230種
施設
集会場(御成座敷)

車いす通行可ルートはこちら

年間カレンダー

見られるもの イベント
クマガイソウ、オドリコソウ、ハナズオウ、ヤマブキソウ、カラタネオガタマ、ミヤコワスレ、キョウガノコ、シモツケ、シラン、ウツギ、カタクリ、シュンラン、ミツマタ、キブシ、ボケ、サクラ、エビネ、イカリソウ、ヒトリシズカ、コンニャク、アヤメ 春夏秋冬を通じ、常に草花が咲き、果実等が楽しめます。
キキョウ、ザクロ、ヒオウギ、ヤマユリ、カノコユリ、カワラナデシコ、クズ、トウゴウギク、モミジアオイ、ミソハギ、ススキ、オミナエシ、トロロアオイ、ノウゼンカズラ、ハギ、ハナトラノオ、フジバカマ、フヨウ、ヒョウタン、ナンバンギセル、アジサイ、ハナショウブ、ホオズキ 初夏にはカルガモの幼鳥が見られます。 大輪朝顔展
虫ききの会
ホトトギス、シオン、シュウメイギク、コブクザクラ、ツバキ、サザンカ、キンミズヒキ、ワレモコウ、ゲンノショウコ、ヒガンバナ、センニチソウ、ススキ、サクラタデ 名物「ハギのトンネル」9月下旬ごろから見頃です。 お月見の会
萩まつり
カンツバキ、ロウバイ、ウメ、フクジュソウ、セツブンソウ、サンシュユ、、カラタチバナ、スイセン 冬の風物詩「霜よけ」「雪吊り」「献上七草籠」が見られます。 梅まつり

ご利用について

ペットをお連れの方へ
有料公園(都立庭園・植物園等)は、公園管理上、犬などのペット連れでの入場はお断りしています。
AED設置公園施設
この公園施設ではAEDを設置しています。お客様の安全安心確保に努めています。
喫煙マナーのお願い
喫煙は、多くの利用者が集まる場所・広場や受動喫煙のおそれがある場所などではご遠慮いただいております。公園内における喫煙マナーについて、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
撮影について

よくあるご質問

Q.休園日はいつですか?
A.年末年始(12月29日~1月3日)のみ休園となります。
それ以外の期間は通年開園しています。

※月曜日も開園しています。
※1月1日~1月3日は休園日ですが、隅田川七福神めぐり開催に伴い福禄寿尊堂までの一部区間のみお入りいただけます。詳細は次の質問をご覧ください。

Q.隅田川七福神めぐりをしています。お詣りはお正月もできますか?また、お詣りだけですが入園料はかかりますか?
A.1月1日~3日は休園日ですが、隅田川七福神めぐり実施に伴い、福禄寿尊堂までの一部区間のみ(9時~17時)お入りいただくことができ、入園料はかかりません。1月4日からは通常開園いたしますので、お詣りだけのご入園でも入園料が必要となります。
また、御開帳・御朱印の受付は1月1日~1月7日までです。

Q.最寄駅はどこですか?そこからどのくらい歩きますか?
A.電車は、東武スカイツリーライン「東向島駅」から徒歩8分です。
バスは、都バス(里22系統) 亀戸-日暮里「百花園前」バス停から徒歩3分です。

Q.駐車場はありますか?
A.駐車場はございません。
近隣の民間有料駐車場をご利用ください。

Q.園内で撮影はできますか?
A.記念写真や風景写真等、スナップ撮影をする場合は、他のお客様のご迷惑とならないようお撮りください。
ただし、撮影目的が営利・非営利に関わらず、庭園の一定の面積を占める撮影(テレビ・映画の撮影、モデル撮影会、宣伝用ポスター撮影等)については、事前の許可申請と占用料金のお支払が必要となります。詳しくはサービスセンターにお問合せください。
問合せ先:03-3611-8705

Q.園内で写生はできますか?
A.文化財保護のため、スケッチ及び水彩画の写生のみご利用いただけます。油性の画材の持込み及びご利用はご遠慮いただいております。写生時は、他のお客様のご迷惑にならないよう行ってください。
花の見ごろやイベント開催時等、多くのお客様のご来園が見込まれる時期は、写生をご遠慮いただく場合がございます。ご理解とご協力をお願いいたします。
また、グループや学校行事等、団体の写生につきましては、事前にサービスセンターへご相談ください。

公園を探そう