ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

自然情報

2020年06月13日

6月の見どころ(12日)①谷戸田、②桜尾根、③展望広場

小峰公園で見られる旬の自然情報を紹介します。

①谷戸田の見どころ『ヤマカガシ』

①谷戸田の見どころ『ヤマカガシ』

今年も谷戸田に黄色と赤色が鮮やかなヘビ、『ヤマカガシ』がやってきました。カエルなどの獲物を求めてヘビがやってくる田んぼは、生きものが豊かな田んぼだと言われます。(6月12日撮影)

※ヤマカガシは牙や首の周りに毒を持っています。見かけても、無理に追い立てたり追い払ったりせず、そっとしてあげましょう。

 

②桜尾根の見どころ『ウツボグサ』

②桜尾根の見どころ『ウツボグサ』

桜尾根の中腹では、ウツボグサが花を開き、鮮やかな紫色の花が足元を彩っています。初夏に花を咲かせ、盛夏の頃には熟した穂先が茶や黒っぽくなり、枯れたように見えることから「夏枯草(カゴソウ)」の別名があります。(6月12日撮影)

 

③展望広場の見どころ『ウスバカゲロウ(幼虫)』

③展望広場の見どころ『ウスバカゲロウ(幼虫)』

展望広場のあずまやの足元をよく見ると、すり鉢のような穴が見つかります。これはウスバカゲロウの幼虫の巣。
巣穴に落ちたアリなどの獲物を逃がさないその姿から、『蟻地獄』と呼ばれます。(6月12日撮影)

※園内の動植物の採集はご遠慮いただいております。

ページの先頭へ戻る