ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

レンジャーブログ

2020年01月30日

里山季節めぐり「あんぎん織りでミニ炭俵づくり」を開催しました(実施レポート)

小峰ビジターセンターでは、シーズンごとに「里山季節めぐり」というイベントを開催しています。

今回は、1月26日に実施した「あんぎん織りでミニ炭俵づくり」 の様子をご紹介します。

①園内にてガイドウォーク

①園内にてガイドウォーク

公園内の桜尾根にて、「五日市(炭市)」や「檜原」、小峰公園が位置する「留原地域」、それぞれの炭との関わりについて学びました。

②炭俵の重さを疑似体験

②炭俵の重さを疑似体験

当時、炭焼きに従事していた方々が背負っていた炭俵の重さを再現した背負い梯子を背負う体験を行いました。当時の女性で、一度に2俵の炭俵を運んだそうです。2俵でなんと、23㎏もあります。参加者の皆さんも、その重さに思わずびっくり!

③ミニ炭俵づくりの材料採集

③ミニ炭俵づくりの材料採集

ミニ炭俵づくりの材料である、ススキを採集しました。株の中をかき分けながら、長く真っ直ぐと伸びているものを選びます。

⑤ミニ炭俵づくり

⑤ミニ炭俵づくり

採集したススキを使って、ミニ炭俵をつくりました。レンジャーの指導に耳を傾けながら、一折り一折り、とても真剣な表情で作成していました。

完成した、手のひらサイズの炭俵を手に、「大満足です!とても素敵なものができました。」というお声や、「五日市や炭のことを学びながら作れて、とても楽しかったです!」とのお声をいただきました。

(梅垣レンジャー)

※小峰公園では、イベント以外での動植物の採取をご遠慮いただいております。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る