ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

レンジャーブログ

2019年07月02日

畑作体験「おいしい野菜づくり」 の「第4回 収穫、実食」を 開催しました

小峰公園では、園内の畑にて作物を育て、収穫を体験する、

畑作体験プログラム「おいしい野菜づくり」を行っています。

今年は、連続4回講座の中で、「ジャガイモ」と「枝豆」づくりを行います。

今回は、6月30(日)に実施した、

「第4回 収穫、実食」の様子をご紹介します。

まずは、ジャガイモの収穫から始めました。植えた数だけ、好きなところを掘り起こします。株によって当たり外れが少しあり、一喜一憂しながらも、収穫のドキドキを楽しんでいる様子でした。

こんなに大きく立派なジャガイモを掘り当てた参加者もいました。「(種芋は)あんなにちっちゃかったのにね!」と、植付けた当時を振り返り、何倍もの量を収穫できたことに、皆さん驚いているようでした。

収穫作業をしていたら、なんとジャガイモの葉の下からアズマヒキガエルが出てきました。皆さんの賑やかな声を聞いて出てきたのでしょうか?その他にも、バッタやオケラなど、さまざまな生きものを観察することもできました。

枝豆は、種まき後の降雪や4月、6月の低温の影響のため、成長が追い付かず、残念ながら収穫はできませんでした。実が入っていそうなさやを見つけ、少しだけ味見をしてみることにしましたが、芳しいものではありませんでした。

最後は、全員で収穫を味わいます。まずは、枝豆から味見をしました。まだ枝豆の味はなく、口に入ったかもわからないほどの小ささでした。次いでジャガイモを試食します。「おいしい!甘い!」「自分で育てたものを食べるのっていいね!」と、皆さん大満足のようでした。

作業を通し、里山の自然や生活などを体験する全4回のプログラムは終了です。

ご参加の皆さま、ご協力くださった地域の皆さま、ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る