ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

レンジャーブログ

2019年05月12日

畑作体験「おいしい野菜づくり」 の「第2回 芽かき、土寄せ、植え付け」を 開催しました

小峰公園では、園内の畑にて作物を育て、収穫を体験する、

畑作体験プログラム「おいしい野菜づくり」を行っています。

今年は、連続4回講座の中で、「ジャガイモ」と「枝豆」づくりを行います。

今回は、5月6日(月祝)に実施した、

「第2回 芽かき、土寄せ、植え付け」の様子をご紹介します。

まずは、枝豆の植え付け準備から始めました。

園内の落葉溜めから腐葉土を運びます。

落葉溜めは分解を促進するために入れているお米やぬかが発酵し、地温が上がっていました。

落葉を返すごとに湯気が立ち上り、汗をかきながらの作業になりました。

腐葉土を運んだ次は、植え付け場所の下準備です。

雑草を取り、鍬を使って畑を耕します。

「家ではなかなかできない体験ですね!」

と、参加者の皆さんは、はりきって耕していました。

畑を耕し、腐葉土も漉き込んだら、枝豆の植え付けです。

一粒の種が、一ヵ月で10㎝ほどに成長した姿を観察、「大きくなったね!びっくり!」

と、驚きの声があがっていました。

先月は、ジャガイモの植え付け後に雪が積もったりと、とても寒い時期が続きました。

そのため、例年に比べジャガイモの成長は少し遅れましたが、栄養の分散を防いだり、風通しをよくして病気にならないようにするための芽かきも無事に行うことができました。

まだ小さい芽を、皆さん丁寧に一本ずつ抜いていきました。

仕上げに、ジャガイモの株元に腐葉土を撒きました。

生育が遅く土寄せはできませんでしたが、代わりに腐葉土を追肥し、たくさんの収穫を祈りました。

次回は、6月に

「第3回 畑の手入れ」を行います。

ページの先頭へ戻る