ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

レンジャーブログ

2019年03月22日

【調査のご報告】小峰公園で69種類のチョウを確認しました

小峰公園では、公園内に暮らしている生きもの(チョウ類)の生息状況を把握するため、

レンジャーが園内を定期的に巡回調査しています。

里山の景観が広がる小峰公園には、園内に草地や畑、谷戸田、雑木林、スギ林などといった

さまざまな自然環境があります。これらの園内環境をくまなく調査することで

平成30年度は5科69種のチョウ類が確認できました。

多種多様なチョウと豊かな自然環境が楽しめる小峰公園へ、ぜひお越しください。

スタッフ一同ご来園を心よりお待ちしております。

〇ウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)

アゲハチョウ科の仲間は大型でよく目立つチョウ類です。カラスアゲハ、アオスジアゲハ、ウスバシロチョウなど、今年度は全11種類のアゲハチョウの仲間が確認できました。また、ホソオチョウという外来種が平成30年度にはじめて園内で記録されました。

〇モンキチョウ(シロチョウ科)

シロチョウ科の仲間は里山ではなじみ深い中型のチョウ類です。キタキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウなど、今年度は全5種類のシロチョウの仲間が確認できました。

〇ゴイシシジミ(シジミチョウ科)

シジミチョウ科の仲間は小型のチョウ類です。他の昆虫を襲って食べる幼虫時代を過ごすなど、特殊な生態を持つものもいます。ルリシジミ、ヤマトシジミなど、今年度は全16種類のシジミチョウの仲間が確認できました。また、ウラキンシジミ、スギタニルリシジミがはじめて園内で記録されました。

〇サカハチチョウ(タテハチョウ科)

タテハチョウ科の仲間は中型~大型のチョウ類です。同じグループにまとめられていますが、姿かたちはさまざまです。オオムラサキ、スミナガシ、ルリタテハなど、今年度は全27種類のタテハチョウの仲間が確認できました。

〇ホソバセセリ(セセリチョウ科)

セセリチョウ科の仲間は小型のチョウ類です。ガのように見えますが、チョウの仲間に分類されます。アオバセセリ、ダイミョウセセリなど、今年度は全10種類のセセリチョウの仲間が確認できました。

ページの先頭へ戻る