ページの先頭です

文字サイズ

背景色

小峰公園・小峰ビジターセンター

こみねこうえん・こみねびじたーせんたー

ここから本文です

自然情報

2018年07月02日

小峰公園の今の見どころ(ミスジチョウ、アカシジミ、リョウブ)

このページでは、小峰公園で見られる旬の自然情報を紹介しています。

谷戸田の畔に舞い降りたチョウの姿を追ってみると、ミスジチョウでした。ハネを広げると7センチ近くになる、やや大柄なチョウです。

地表を歩き回りながら、ストロー状の口を伸ばして水を飲んでいる様子を観察できました。(6月30日撮影)

桜尾根を巡回中、だいだい色の小さなチョウが葉にとまっていました。シジミチョウの一種、アカシジミです。

成虫になったばかりなのか、ハネは破れたり傷んだりしておらずきれいなままでした。(6月30日撮影)

展望広場でリョウブが開花しました。花から漂いはじめた甘い香りによって、ハチやガの仲間など昆虫たちが集まってきていました。

リョウブの樹皮は古くなると少しずつ剥がれ落ちるため、幹全体がまだら模様になります。(6月30日撮影)

ページの先頭へ戻る