ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です

トップ > イベントを探す > 神代植物公園「梅まつり」

イベント

神代植物公園「梅まつり」

  • 体験・学ぶ
  • 自然にふれる
  • 音楽
  • 食べる
開催日
令和2年2月4日(火)~ 3月1日(日)
※2月10日(月)・17日(月)・25日(火)は休園日です。
場所
jindais_20191211.jpg

当園の"うめ園"には古くから伝わる品種を中心に約70品種、170本の梅が植えられております。
例年2月上旬から3月上旬にかけて花盛りを迎える華やかな園内で「梅まつり」を開催致します。
講演会やガイドツアーなど、江戸園芸文化としての「梅」にちなんだ様々な内容の催しをお楽しみいただけます。
春の足音を聞きながら、艶やかな風情を味わいにご来園ください。

詳細情報

期  間:令和2年2月4日(火)~ 3月1日(日)
     ※2月10日(月)・17日(月)・25日(火)は休園日です。

内  容
(1)うめコンサート
日  時:令和2年2月11日(火・祝)①11時~、②13時30分~(各回30分)
     ※雨天決行(場所を室内に変更いたします)
場  所:園内
内  容:代表的な江戸園芸植物である「梅」をイメージした雅な楽曲をとおして、非日常的なステージをお楽しみいただけます。
出 演 者:桐朋(とうほう)学園芸術短期大学の皆さん
観 覧 費:無料(入園料別途)
観覧方法:当日自由観覧
そ の 他:場所、出演者及び観覧方法等の詳細は、決まり次第神代植物公園公式ホームページ(https://www.tokyo-park.or.jp/jindai/)でお知らせします。

(2)ガイドボランティアによる「うめ園ガイドツアー」 ※荒天中止
日  時:令和2年2月20日(木)・21日(金)・22日(土)
各  日:10時30分~、13時30分~ (各回約60分程度)
集合場所:正門周辺 情報棟付近 
内  容:ガイドボランティアが見頃の“うめ園”を中心に、園内の見どころや見頃の植物をご案内します。
参 加 費:無料(入園料別途)
参加方法:各回開催時間までに、集合場所へお集まりください。
協  力:神代植物公園ガイドボランティアクラブ

(3)講演会「江戸の梅見」※雨天決行
日  時:令和2年2月23日(日・祝)
     13時30分~ 
場  所:植物会館 2階 集会室 
参 加 費:無料(入園料別途)
参加方法:当日先着順30名

(4)梅見茶屋 ※荒天中止
日  時:期間中の9時30分~16時
場  所:うめ園周辺
内  容:温かいお飲物、お菓子、お土産等を販売します。

※各イベントの実施状況に変更が生じた場合、神代植物公園ツイッター(@ParksJindai)でご案内いたします。
ご不明な場合は、同園サービスセンター(042-483-2300)までお問い合わせください。

◆神代植物公園について◆
【開園時間】
9時30分~17時(最終入園は16時)

【休園日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

【住所】
調布市深大寺元町5-31-10

【交通】
・京王線から
調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、
または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
・JR中央線から
三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き
「神代植物公園前」下車

【入園料】
一般 500円 65歳以上 250円 中学生 200円
年間パスポート 一般 2,500円  65歳以上 1,250円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※水生植物園及び植物多様性センターは無料で入園できます。

【問い合わせ先】
神代植物公園サービスセンター 電話:042-483-2300

【ホームページ】
公園へ行こう!神代植物公園 https://www.tokyo-park.or.jp/jindai/

【ツイッター】
都立神代植物公園 園長の採れたて情報 @ParksJindai

jindai_20191211.jpg