ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です

トップ > イベントを探す > 浜離宮恩賜庭園「鷹の御茶屋公開1周年記念事業『浜離宮恩賜庭園は鷹づくし』」

イベント

浜離宮恩賜庭園「鷹の御茶屋公開1周年記念事業『浜離宮恩賜庭園は鷹づくし』」

  • 体験・学ぶ
  • 歴史にふれる
  • 食べる
開催日
2019年5月11日(土)・12日(日)
場所
hama_20190313.jpg

江戸時代、将軍が鷹狩りの際に休憩所としても使用していた「鷹の御茶屋」が復元され、平成30年4月20日の内部公開開始から約1年を迎えます。
そこで浜離宮恩賜庭園では、5月11日(土)・12日(日)の2日間、鷹の御茶屋にちなんだ「鷹」づくしのイベントを行い、往時の風景や「鷹の御茶屋」の意匠などをご紹介します。

詳細情報

(1)「鷹の御茶屋」の大工しごと ~意匠や建築技術を紹介します~
日時
2019年5月11日(土)

内容
【職人技の実演】
①「丸太柱の束石(つかいし)ひかりつけ」②「角材の鉋(かんな)かけ」

【大工しごと体験】
③「網代(あじろ)を編む」④「角材を削る」

場所
【職人技の実演】鷹の御茶屋横 芝生地
【大工しごと体験】鷹の御茶屋 鷹部屋横

講師
鷹の御茶屋の復元工事に携わった職人の方々

参加方法
各回当日自由参加

費用
無料
※入園料別途

協力
株式会社 水澤工務店

詳細
【職人技の実演】職人の技をご見学いただきます。
①「丸太柱の束石(つかいし)ひかりつけ」
「ひかりつけ」とは、自然のもの同士を隙間なく取り付ける技法をいいます。
今回は、束石(石)と丸太(木)を取り付ける技法をご覧いただきます。

午前の部:10時~10時20分
午後の部:13時30分~13時50分

②「角材の鉋(かんな)かけ」
鉋には様々な種類があります。
それぞれの用途を説明しながら、実演を行い、その特性をご覧いただきます。

午前の部:10時30分~10時50分
午後の部:14時~14時20分

 【大工しごと体験】
大工になったつもりでやってみましょう!(体験時間:約5分)

午前の部:11時~12時(受付時間:10時30分~11時30分)
午後の部:14時30分~15時30分(受付時間:14時~15時)

③「網代(あじろ)を編む」
鷹の御茶屋の天井に使用されている「網代」を実際に編んでみましょう!

④「角材を削る」
鉋を使ってヒノキを削ってみましょう!


(2)「鷹と一緒に記念撮影」
日時
2019年5月12日(日)

場所
鷹の御茶屋横 芝生地

受付
①10時~
②14時~
当日各回先着30組

費用
無料 ※入園料別途

内容
鷹の御茶屋を背景に、鷹匠のように鷹を腕にとまらせて記念撮影ができます。
          
(3)「鷹部屋に鷹が入ります」
日時
2019年5月12日(日)
①10時~11時
②13時30分~14時30分

場所
鷹の御茶屋鷹部屋

参加方法
当日自由見学
※撮影は譲り合ってお願い致します。

費用
無料
※入園料別途

内容
鷹の御茶屋に付帯する「鷹部屋」は、鷹狩りの際に鷹を休ませるための部屋でした。
本物の鷹を鷹部屋に据えて、往時の様子をご覧いただけるようにします

(4)「鷹匠の園内巡回」
日時
2019年5月12日(日)
①11時~12時
②14時30分~15時30分

場所
潮入の池周辺~庚申堂鴨場小覗

内容
鷹匠は、鷹と信頼関係を築くため、鷹を腕に乗せて歩く「据え歩き」をしていました。
今回は、鷹匠に扮した人が鷹と一緒に潮入の池周辺などを据え歩きます。

(5)「鷹の和菓子でちょっと一服」   
日時
2019年5月11日(土)・12日(日) 

場所
中島の御茶屋

内容
鷹の御茶屋公開1周年記念事業開催時の2日間、特別に「鷹」を象った和菓子が登場。
ご希望のお客様にお抹茶と一緒にご提供させていただきます。

費用
720円(お抹茶付き)

※いずれのイベントも雨天決行・荒天中止
※中止の場合は当園ツイッター(@HamarikyuGarden)にてお知らせいたします。
ご不明な場合は、同園サービスセンター(03-3541-0200)までお問い合わせください。

◆鷹の御茶屋とは
11代将軍家斉の時代に建てられた御茶屋で、将軍の鷹狩りの待合い・休憩所として使用されていました。
明治に入ると、接客のための「御茶屋」としての利用が主となる。戦災で焼失したが、平成30年、東京都により復元。

【鷹の御茶屋内部公開】
月曜日を除く毎日9時30分~16時30分
※月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)はございません。外観からのご見学となります

【庭園ガイドボランティアによる「御茶屋ガイドツアー」】
庭園ガイドボランティアが、松の御茶屋・燕の御茶屋の内部で、当園の歴史や御茶屋の魅力を説明致します。
毎週 木曜日
①11時~ ②12時~ ③13時~ ④14時~ 計4回
各回40分程度、中学生以上、先着25名様


★浜離宮恩賜庭園について★

国指定特別名勝・特別史跡。
承応3(1654)年に甲府宰相・松平綱重によって甲府浜屋敷としてつくられ、綱重の子・綱豊が6代将軍・徳川家宣になったのを機に、浜御殿と呼ばれる将軍家別邸となった。
以来、歴代将軍によって改修が行われ、11代将軍・家斉の時にほぼ現在の姿の庭園が完成。
明治維新後は宮内庁所管の浜離宮となった。
昭和20年に東京都に下賜され、翌年浜離宮恩賜庭園の名称で開園し、昭和27年に国の特別名勝及び特別史跡に指定され現在に至る。

【開園時間】
9時~17時(最終入園は16時30分)

【休園日】
12月29日~1月1日

【住所】
中央区浜離宮庭園1-1

【交通】
・大手門口(庭園北側の入口)
都営大江戸線 築地市場駅下車 徒歩7分
都営大江戸線・ゆりかもめ 汐留駅下車 徒歩7分
JR・東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅下車 徒歩12分
・中の御門口(庭園北西側の入口)
都営大江戸線・ゆりかもめ 汐留駅下車 10番出口から徒歩5分
JR浜松町駅下車 徒歩15分
※駐車場はございません。

【入園料】
一般 300円  65歳以上 150円 
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】
浜離宮恩賜庭園サービスセンター
電話:03-3541-0200

【ホームページ】
公園へ行こう!浜離宮恩賜庭園 
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html

【ツイッター】
浜離宮恩賜庭園 @HamarikyuGarden

hama_map_20190313.jpg