ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です

トップ > イベントを探す > 旧古河庭園「春のバラフェスティバル」

イベント

旧古河庭園「春のバラフェスティバル」

  • ライトアップ
  • 体験・学ぶ
  • 展示
  • 自然にふれる
  • 音楽
開催日
平成30年5月5日(土・祝)~5月31日(木)
9時~17時(最終入園は16時30分)
※5月5日(土)・6日(日)は、9時~18時(最終入園は17時30分)
※ライトアップ期間中の5月11日(金)~20日(日)は、9時~21時(最終入園は20時30分)となります。
場所
kyufurukawa_20180110.jpg

今年完成100年を迎える旧古河庭園は、約100種199株ものバラが華やかに咲き誇る洋風庭園と重厚な洋館、そして京都の著名な庭師・七代目小川治兵衛(おがわじへい)作庭の日本庭園を贅沢に味わうことができる、都内でも貴重な庭園です。
春バラの見ごろの時期に合わせて開催している「春のバラフェスティバル」は、今年で18回目を迎えます。
イベント期間中は、「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」や「春バラの音楽会」、「春バラ人気投票」、「いけばな体験」等、イベントを盛りだくさんご用意しています。バラの香りに包まれながら、優雅なひとときをお楽しみください。
皆様のご来園をお待ちしております。

詳細情報

内容
(1)バラと洋館・日本庭園のライトアップ 
日時
平成30年5月11日(金)~20日(日)
日没~21時

内容
約100種199株のバラと洋館、日本庭園をライトアップします。
昼間とは違ったおとぎ話に入り込んだかのような世界をお楽しみください。
※17時以降は、お客様の安全確保のため、立ち入りを制限させていただく区域があります。

協力
公益財団法人 大谷美術館

その他
「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」実施期間中の17時以降は、安全管理のため、園内は全て禁煙とさせていただきます。

(2)春バラの音楽会  
日時
平成30年5月5日(土・祝)・5月6日(日)・5月26日(土) 
各日12時、15時(各回約30分)
※雨天中止

場所
洋館横芝生広場

内容
イベント開催時のみ開放している芝生広場を会場に、春バラの咲くバラ園の前で音楽会を開催します。すてきな音楽を聞きながら、優雅なひとときをお過ごしください。

出演者
5月5日(土・祝)O’Jizo(オジゾー)
・5月6日(日)弦楽四重奏 Quartet Cromatica(カルテットクロマティカ)
(ヴァイオリン 齋藤碧(さいとうあおい)、ヴァイオリン 木ノ村茉衣(きのむらまい)、ヴィオラ 伴野燎(ばんのりょう)、チェロ 山本大(やまもとだい))
・5月26日(土)弦楽四重奏
(1stヴァイオリン 對馬哲男(つしまてつお)、2ndヴァイオリン 山川絢子(やまかわあやこ)、ヴィオラ 對馬時男(つしまときお)、チェロ 福井綾(ふくいあや))

O'Jizo(オジゾー)
2008年結成。豊田耕三、長尾晃司、中村大史によるアイリッシュ・ミュージックのインストルメンタル・バンド。
アイルランドの音楽を中心に、メンバーそれぞれの表情豊かなオリジナル曲も演奏する。
それぞれのバックグラウンドに裏打ちされた確かなテクニックを基盤に、伝統音楽の枠を超えたスケールの大きな演奏やアレンジを展開しながら、その温かくエネルギーに満ちあふれた音楽で幅広い層を魅了している。
昨年3月に5年ぶりとなる待望のセカンドアルバム「Via Portland」を発売。

Quartet Cromatica(カルテットクロマティカ)
◇齋藤碧(さいとうあおい)(ヴァイオリン)
5歳よりヴァイオリンを始める。
第14、15回日本演奏家コンクール中学校/高校の部それぞれ第1位、第2回ツィゴイネルワイゼンコンクール第2位、第13回チェコ音楽コンクール第1位、第23回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞など。
第8回ミュージックアカデミーinみやざきにて優秀賞を受賞、宮崎国際音楽祭『新星たちのコンサート』に出演。
東京藝術大学音楽学部器楽科3年在学中。学内にて福島賞を受賞。2018年度(公財)青山音楽財団奨学生。
現在徳永二男、漆原朝子の各氏に師事。

◇木ノ村茉衣(きのむらまい)(ヴァイオリン)
5歳よりヴァイオリンを始める。
第67回全日本学生音楽コンクール高校生の部大阪大会第1位、第15回大阪国際音楽コンクールコンチェルト部門第2位、第3回Kアンリミテッド音楽コンクール弦楽器部門第1位及びグランプリ第1位。
第3回彩の国String Competition SectionE最優秀賞受賞、第36回霧島国際音楽祭賞受賞、第27回リトルカメリアコンクール銅賞など。2013年日本センチュリー交響楽団と共演。
東京藝術大学音楽学部器楽科3年在学中。
これまでに西山佳代、木田雅子、清永あや、漆原朝子、植村太郎に、室内楽を山田百子、中木健二の各氏に師事。

◇伴野燎(ばんのりょう)(ヴィオラ)
3歳よりヴァイオリンを始め、15歳でヴィオラに転向。
Viola Space 2014、2017若手演奏家のための公開マスタークラスに参加し、百武由紀、ルイーズ・デジャルダンのレッスンを受講。
東京藝術大学バッハカンタータクラブに所属。
東京藝術大学3年在学中。
これまでにヴァイオリンを立木茂、島根恵、ヴィオラを佐々木亮、大野かおる各氏に師事。
現在百武由紀氏に師事。
また、室内楽を松原勝也、中木健二、山田百子の各氏に師事。

◇山本大(やまもとだい)(チェロ)
苅田雅治、菊地知也、エマ・フェランド、フィリップ・ミュレール、ヴォルフガング・ベッチャー、フランス・ヘルマーソンの各氏のレッスン及びマスタークラスを受講。
オホーツク紋別音楽セミナー、秋吉台ミュージックアカデミー、上山音楽祭"ル・シャトーかみのやまに参加。
第14回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部銅賞、第69回全日本学生音楽コンクール入選など。
国立音楽大学附属高等学校主催、第11回招待演奏会に出演。
現在東京藝術大学音楽学部3年在学中。
これまでに鈴木康史、平田昌平、山崎伸子、宮城健の各氏に師事。現在中木健二氏に師事。

弦楽四重奏
◆對馬哲男(つしまてつお) (1st ヴァイオリン)
東京芸術大学音楽学部器楽科卒業後、同大学音楽研究科修士課程修了。
三菱地所賞、アカンサス音楽賞受賞。
読売新人演奏会、藝大室内楽定期演奏会、JTが育てるアンサンブルシリーズ等に出演。
第22回かながわ音楽コンクール最優秀賞、神奈川県知事賞受賞、第60回全日本学生音楽コンクール全国大会第一位、第23回リゾナーレ室内楽セミナー優秀賞。
これまでに物集女純子、水野佐知香、オレグクリサ、玉井菜採、堀正文、松原勝也の各氏に師事。
現在読売日本交響楽団ヴァイオリン奏者。

◆山川絢子(やまかわあやこ) (2nd ヴァイオリン)
東京都立芸術高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部楽器科卒業。
第16回かながわ音楽コンクール優秀賞、第21回及川音楽事務所新人オーディション最優秀新人賞受賞。
2006いしかわミュージックアカデミー、2009Euro Music Festival&Academyに参加。
ヴァイオリンを工藤由紀子、水野佐知香、田中千香士、漆原朝子の各氏に師事。室内楽を有森博、寺本義明、川中子紀子、大友肇、花崎淳生、川崎和憲の各氏に師事。
東京藝術大学学生オーケストラ、Crioso Opera管弦楽団など、多数の団体のコンサートミストレスをつとめる。
2012年2月、横浜交響楽団とシューマンのヴァイオリン協奏曲を共演。
2015年東京フィルハーモニー交響楽団委託契約団員。

◆對馬時男(つしまときお) (ヴィオラ)
東京芸術大学音楽学部楽器科ヴィオラ専攻卒業。
在学中は室内楽旧奏楽堂木曜コンサート、霧島音楽祭、京都フランスアカデミーなどに出演。
卒業後作曲家を志し、東京芸術大学音楽学部作曲科を今春卒業。
これまでヴァイオリンを物集女純子、ヴィオラを坂口弦太郎、百武由紀、大野かおる、佐々木亮、川崎和憲、ピアノを故・大園玲子、砂原悟、田中敦、井上紀子、東浦亜希子、作曲を井元透馬、野平一郎氏に、和声、対位法を井元透馬、市川景之、林達也の各氏に師事。

◆福井綾(ふくいあや) (チェロ)
東京藝術大学器楽科卒業。
第16回長江杯国際音楽コンクール、アンサンブル部門第2位(1位無し)、第14回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門入選。
軽井沢国際音楽祭、ボルドー音楽祭、京都フランス音楽アカデミー、リスト音楽院セミナーなどでマスタークラス受講。
オーケストラや室内楽の他、アーティストのサポートやミュージカルなど様々な分野で活躍中。斎藤章一、宮城健、山崎伸子の各氏に師事。
Quartet Perle、アンサンブルMusica Essenceメンバー。
2017年10月より東京藝術大学弦楽科研究助手。

(3)春バラ人気投票
日時
春のバラフェスティバル期間中毎日9時~閉園まで

場所
サービスセンター前    

内容
今回で6回目となる「春バラ人気投票」を今年も実施します。
旧古河庭園でお気に入りのバラの花を見つけその名前を投票してください。
昨年は2年連続で「シンデレラ」が1位となりました。
今年はどのバラが1位に輝くでしょうか。

参加方法
サービスセンター前にある人気投票コーナーで、投票用紙に旧古河庭園で見つけたお気に入りのバラの名前を記入し、投票箱に投票してください。
 
(4)庭園ガイド 
日時
春のバラフェスティバル期間中毎日
月曜~金曜日 各日14時(各回約60分)
土曜・日曜日 各日11時、14時(各回約60分)
※雨天中止

集合
サービスセンター前

内容
庭園ガイドボランティアが日本庭園を中心に園内をご案内します。

参加費
無料(入園料別途)

(5)臨時売店 
日時
春のバラフェスティバル期間中毎日
10時~16時30分
※ライトアップ期間中の5月11日(金)~20日(日)は、10時~20時30分 
※荒天中止

場所
芝生広場アプローチ部分

内容
バラ関連の商品やバラの鉢植え等を販売します。

協力
NPO法人 西ヶ原ローズページェント

(6)いけばな体験
日時
5月27日(日)10時
※荒天中止

人数
先着50組

内容
華道家の指南により季節の花を楽しく生けます。生けたお花はお持ち帰りいただけます。

協力
嵯峨御流華道東都司所(さがごりゅうかどうとうとししょ)

★旧古河庭園について★
当園は武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の邸宅でしたが、次男が古河財閥の養子になったのち、古河家の所有となりました。
ジョサイア・コンドル設計の洋館と洋風庭園、京都の庭師植治こと小川治兵衛が作庭した日本庭園が現存しています。
数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例となっています。
現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない事例として重要であることから、平成18年1月26日に国の名勝指定を受けました。

【開園時間】
9時~17時(最終入園は16時30分)
※平成30年4月28日(土)~5月6日(日)は9時~18時(最終入園は17時30分)
※「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」の実施期間中(平成30年5月11日(金)~5月20日(日))は、9時~21時(最終入園は20時30分)

【休園日】
12月29日~1月1日   

【住所】
北区西ヶ原1-27-39

【交通】
JR京浜東北線 上中里駅下車 徒歩7分
東京メトロ 南北線 西ヶ原駅下車 徒歩7分
JR山手線 駒込駅下車 徒歩12分
北区コミュニティバス(王子・駒込ルート)20分間隔
JR山手線駒込駅より5分・JR京浜東北線王子駅より20分 「旧古河庭園」下車
※駐車場はございません。

【入園料】
一般 150円  65歳以上 70円 
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】
旧古河庭園サービスセンター
電話:03-3910-0394

【庭園ガイド】
土曜日・日曜日・祝日 11時・14時(各回60分程度)
※荒天・雨天時中止の場合あり
集合:サービスセンター前  参加費:無料

【ホームページ】
(公園へ行こう!)https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html


【公式Twitter】
旧古河庭園 @kyufurukawa

kyufurukawa_map_20180425.jpg