参加しよう イベント・講座を探そう

イベント

神代植物公園植物多様性センター「11月の専門講座のお知らせ」

  • 体験・学ぶ
開催日
平成29年11月19日(日)
13:30~15:30
場所
jindai_20171026.jpg

~東京の植物多様性を知る④~
「多摩川の礫河原生態系の保全と再生」
関東山地に源流を発し、東京都、都県境を流れる多摩川は、
その中流域にゴロゴロとした大きな玉石の転がる礫河原(れきがわら)を有します。
度重なる氾濫により形成された礫河原は、カワラノギクをはじめとする
多くの絶滅危惧植物の自生地となっています。
今回の講座では、礫河原がどのように形成され、維持されるのか。
礫河原固有種はなぜ礫河原に生育地が限定されているのか。
また、礫の採取に加えて、ダムや横断工作物などの工事の影響や、
外来種の侵入などによりどのように変化してきているのか。
あるべき礫河原保全のかたちとはどのようなものかを、
明治大学の倉本宣(くらもとのぼる)教授にお話しをうかがいます。

会場
神代植物公園植物多様性センター
情報館セミナールーム

内容
座学
・礫河原の配置と規模
・礫河原生態系の構成種
・礫河原の変質(ヒメムカシヨモギやハルシャギクの繁茂)
・樹林化と草原化

講師
倉本宣(くらもとのぼる) 氏 
(明治大学農学部農学科教授 応用植物生態学研究室担当)

対象
植物保全団体で活動されている方
植物や自然に興味をお持ちの一般の方(中学生以上)

参加費
無料

服装・持ち物
筆記用具

定員
36人(事前申込制、先着順)

申込方法
お電話・または植物多様性センター情報館受付で直接
申し込みいただけます。
【申込先】
調布市深大寺北町1-4-6 
神代植物公園植物多様性センター(月曜定休日)
電話042-485-1210(9:30~17:00)

※個人情報の取扱について
お申込みの際に頂いた個人情報につきましては、
当イベントに関わるご案内のみに使用します。
また、お預かりした個人情報は、その取り扱いについて万全を期すとともに、
ご本人の同意なしに第三者に開示提供することはございません。
但し、法令等により開示を求められた場合を除きます。

★神代植物公園 植物多様性センターについて★
【開園時間】
9時30分~17時

【休園日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

【住所】
調布市深大寺北町1-4-6

【交通】
・京王線から
調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、
または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
・JR中央線から
三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き
「神代植物公園前」下車

【入園料】
無料

【問い合わせ先】
神代植物公園 植物多様性センター
電話:042-485-1210

jindai_map_20171026.jpg

イベント・講座を探そう