参加しよう イベント・講座を探そう

イベント

【終了しました】向島百花園からのお知らせ

  • 体験・学ぶ
  • 展示
開催日
1.野草ウォッチング~秋~
平成29年月10月21日(土) 
各日11時40分、14時40分(各回約60分)
※荒天中止

2.菊が彩る江戸花屋敷
平成29年11月1日(水)~11月23日(木・祝)

3.季節を感じる和菓子作り教室~11月~
平成29年11月12日(日)
13時~15時 ※荒天中止
場所
mukoujima_20170914.jpg
向島百花園で、10月から11月に開催する催しについてお知らせします。
ぜひ、この機会に向島百花園の秋をお楽しみください。

1.野草ウォッチング~秋~
江戸の花園として親しまれてきた向島百花園。
植物研究家によるガイドのもと、庭園を彩る数々の草花の中でも特に秋の植物に注目して、
植物の特徴やその魅力にせまる観察会を開催します。

日時
平成29年月10月21日(土) 
各日11時40分、14時40分(各回約60分)
※荒天中止

集合
秋の七草コーナー前

内容
講師の解説のもと、園内の野草を観察します。

講師
若林芳樹(わかばやしよしき) 氏(植物研究家)

参加費
無料(入園料別途)

定員
各回30名

参加方法
当日、集合場所にお集まりください。

2.菊が彩る江戸花屋敷
江戸時代は園芸文化が大きく発展した時代で、菊も様々な品種が誕生し、
全国で様々な系統が発展しました。
今日では伝統的な園芸品種として「古典菊」と呼ばれています。
向島百花園では、菊の開花時期に合わせて、古典菊の展示と菊にまつわる催しを開催します。
往時から現代に続く園芸文化である「菊」の優美な姿を、ぜひお楽しみください。

開催期間
平成29年11月1日(水)~11月23日(木・祝)

内容
(1)「古典菊・菊盆栽の展示」
日時
期間中毎日
9時~17時

場所
売店前四阿(あずまや)・売店横展示台 

内容
江戸菊(えどぎく)、嵯峨菊(さがぎく)、肥後菊(ひごぎく)等の古典菊と、
色とりどりの花が可愛らしい小菊盆栽を展示します。

~古典菊とは~
江戸時代に各地の大名等の保護を受けて、地域独自に品種改良された個性的な地方菊の総称です。
全般に花型の変化が極めて顕著であるのが特徴です。

~菊盆栽とは~
小菊の品種の中で節間が詰まって幹の太りやすい「山菊」を使って盆栽に仕立てるもの。
春の新芽から仕立て、1年間で古木の風格を生み出すのが特徴です。

(2)「菊の育て方教室」
日時
平成29年11月4日(土)、5日(日)、18日(土)、19日(日)
各日13時~14時
※雨天中止

集合場所
売店前広場

内容
菊の育て方や菊盆栽の作り方、色とりどりの
菊を咲かせる楽しさをお話しいたします。

講師
秋庭通男(あきばみちお) 氏(東京菊花会副理事)他

参加費
無料(入園料別途)

(3)庭さんぽ~向島百花園の楽しみ方~
日時
平成29年11月23日(木・祝)
各日11時、14時(各回約60分)※荒天中止

集合
サービスセンター裏

内容
職員が古典菊を中心に、向島百花園ならではの草花や庭園風景の楽しみ方を
ご紹介しながら園内を散策して回ります。

定員
各回20名(当日先着順)

参加費
無料(入園料別途)

参加方法
当日自由参加

3.季節を感じる和菓子作り教室~11月~
向島百花園では、江戸から続く庭園の風情と季節を感じながら、
季節にちなんだ和菓子作りを体験する催しを開催します。
今回は晩秋に合わせて、キクをモチーフにした和菓子を作成します。
日本文化である和菓子で表現したキクと、庭園内で展示されている古典菊や菊盆栽、
双方の魅力をお楽しみください。

日時
平成29年11月12日(日)
13時~15時 ※荒天中止

場所
向島百花園内 御成座敷(おなりざしき)

内容
晩秋に合わせキクをモチーフとした和菓子作りを体験します。体験後は、作ったお菓子  を抹茶とともに味わいます。

講師
酒井哲治(さかいてつじ) 氏 (東向島「菓子遍路一哲(かしろへんろいってつ)」店主)
高知県出身。
日本菓子専門学校卒業後、銀座清月堂、神田庄之助等に勤務した後、母校で20年間和菓子教師を務める。
退職後平成21年5月「菓子遍路一哲」を創業。
和菓子一級技能士、製パン一級技能士、製菓衛生士、職業訓練指導員免許取得。
菓子研究団体「製菓振興会」常任委員。
レーズンコンテスト「審査員特別賞」振興会「優秀技能賞」を受賞。

参加費
2,000円 
※材料費・お茶代を含む。入園料別途。
※参加費は、事前の振込制となります。振込手数料は、お客様のご負担となります。

定員
25名
※事前申込制。
※応募者多数の場合は抽選となります。

申込方法
往復はがき(1枚につき3名まで)に、(1)~(3)の必要事項を記入し、
下記までお申し込みください。
(1)代表者の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号
(2)参加者全員の氏名(ふりがな)・年齢
(3)返信欄に返信先の住所・氏名
【宛先】
〒131-0032
東京都墨田区東向島3-18-3
向島百花園サービスセンター「季節を感じる和菓子作り教室」係

【締切日】
平成29年10月31日(火)消印有効
※応募者多数の場合は抽選となります。
※抽選結果は応募者全員に通知します。
その際に、当選の方には参加費のお支払い方法と持ち物についてご案内します。

※『個人情報の取扱いについて』
 お申し込みの際に頂いた個人情報につきましては、
イベントに関わるご案内のみに使用します。
また、お預かりした個人情報は、その保護について万全を期すとともに、
ご本人の同意なしに第三者に開示提供することはございません。
但し、法令等により開示を求められた場合を除きます。
               
★向島百花園について★
国指定名勝及び史跡。
江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、
骨董商佐原鞠塢(さはらきくう)が、交遊のあった江戸の文人墨客の
協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした民営花園として開園しました。
開園当初は360本のウメが主体で、亀戸の梅屋敷に対して
「新梅屋敷」と呼ばれたほどでした。
その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、
四季を通じて花が咲くようになりました。
百花園の名称は「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。

【開園時間】
9時~17時(最終入園は16時30分)

【休園日】
12月29日~1月3日

【住所】
墨田区東向島3-18-3

【交通】
東武スカイツリーライン 東向島駅下車 徒歩8分
京成電鉄押上線 京成曳舟駅下車 徒歩13分
都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩3分 
※駐車場はございません。

【入園料】
一般 150円 65歳以上 70円 
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※10月1日(土)は「都民の日」で無料

【問い合わせ先】
向島百花園サービスセンター
電話:03-3611-8705

【ホームページ】
(公園へ行こう!)http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

mukoujima_map_20170914.jpg

イベント・講座を探そう