参加しよう イベント・講座を探そう

イベント

神代植物公園植物多様性センター 2月の専門講座のお知らせ「埋土種子を利用した水生植物の保全について」

  • 体験・学ぶ
開催日
平成29年2月21日(火)13:30~15:30
※13時より受付開始
場所
jinndai3_main_20161222.png
水辺は人間の活動の影響を強く受けてきた場所であり、
環境が最も激しく変化してきた場所でもあります。
特に、今日においては、都市化や工業化とともに、
水質汚染や富栄養化、護岸工事、埋め立てなどの開発による
影響で、水辺の植物の多くが絶滅危惧種となっています。
一方、野生絶滅となった植物の中には、埋土種子利用の
復元により野生復帰を果たした植物もあります。
この講座では、水生植物ならではの特性を生かした埋土種子を
使った保全についての具体的事例と今後の課題などについて
学びます。

会場
植物多様性センター セミナールーム

内容
・種子の生態学
・水生植物の埋土種子からの再生の事例
・埋土種子活用の限界
・埋土種子利用の今後と課題  

講師
西廣 淳(にしひろじゅん) 氏 
(東邦大学理学部生命圏環境科学科准教授)

対象
・湿地や湖沼などの保全に関わっている方
・植物や自然に興味をお持ちの一般の方(中学生以上)
        
参加費
無料

服装・持ち物
筆記用具

定員
30名(事前申込制)

申込方法
お電話または植物多様性センター受付で直接、
申込みいただけます。
【申込先】
調布市深大寺北町1-4-6
神代植物公園植物多様性センター 担当:箱根
電話042-485-1210(開園日9:30 ~17:00)
【締切】
先着順で定員になり次第締め切りとします。

★神代植物公園 植物多様性センターについて★
【開園時間】
9時30分~17時 (最終入園は16時)

【休園日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

【住所】
調布市深大寺北町1-4-6

【交通】
・京王線から
調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き
「神代植物公園前」下車、
または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
・JR中央線から
三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口
または深大寺行き「神代植物公園前」下車

【入園料】
無料

【問い合わせ先】
神代植物公園 植物多様性センター
電話:042-485-1210

【ホームページ】
公園へ行こう!神代植物公園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index045.html

【公式Twitter】
@ParksTayousei 植物公園多様性センター(神代植物公園)

*個人情報の取扱いについて
お申込みの際に頂いた個人情報につきましては、
当イベントに関わるご案内のみに使用します。
また、お預かりした個人情報は、その取り扱いについて
万全を期すとともに、ご本人の同意なしに
第三者に開示提供することはございません。
但し、法令等により開示を求められた場合を除きます。

jindai3_map_20161222.PNG

イベント・講座を探そう