参加しよう イベント・講座を探そう

イベント

【終了しました】六義園「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」

  • 自然にふれる
開催日
平成26年3月20日(木)~  4月6日(日)
※期間中は、開園時間を21時まで延長します(最終入園は20時30分)。
また、駒込駅から徒歩2分の染井門を開門します。
※16時30分以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域があります。
場所
131209rikugienSakuraLightup.jpg
六義園では、春の風物詩として親しまれている『しだれ桜と大名庭園のライトアップ』を平成26年も開催します。
当園のシンボルともいえるしだれ桜は、高さ約15m、幅は約20mに及びます。春の陽光に照り映える昼の姿と、夜空に浮かび上がる姿、どちらも見ごたえ十分です。
期間中は開園時間を21時まで延長します。夜の六義園での幻想的なひと時をお楽しみください。

(1)ライトアップ
時間 日没~21時
   ※消費電力の少ないLEDを多く使用し、開催します。

(2)さくら茶屋 ※荒天時・雨天時中止の場合あり
時間 11時~20時(ラストオーダー19時30分)
場所 けやき広場
内容 軽飲食やお土産などの販売

(3)抹茶茶屋
時間 【吹上茶屋】9時~20時30分(ラストオーダー20時)
   【心泉亭】[平日]12時~20時(ラストオーダー19時30分)
        [土日祝]10時30分~20時(ラストオーダー19時30分)
内容 抹茶と和菓子セットの販売

(4)庭園ガイド ※荒天時・雨天時中止の場合あり
日時 期間中毎日11時・14時(各回約1時間)
集合 サービスセンター前または染井門売札所前
   ※集合場所ごと散策順序に違いがありますが、ガイドの内容は同様です。
内容 庭園ガイドボランティアの案内で、桜の季節の園内散策をお楽しみください。
参加費 無料(入園料別途)


-------------------------------------------------
六義園について
特別名勝。五代将軍徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした回遊式築山泉水庭園。
江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的なもので、明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。
庭園は万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(現在の和歌山県)の景勝地「和歌の浦」の景色をはじめ、その周辺の景勝地や中国の故事に因んだ景観が映し出されている。
【開園時間】9時~17時(最終入園は16時30分)
      ※本イベント開催中は9時~21時(最終入園は20時30分)
【休園日】12月29日~1月1日
【住所】文京区本駒込6-16-3
【交通】JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅下車 徒歩7分
    都営三田線 千石駅下車 徒歩10分
    ※駐車場はございません。
【入園料】一般:300円 65歳以上:150円 
     ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
【問い合わせ先】六義園サービスセンター 電話:03-3941-2222
【庭園ガイド】土曜日・日曜日・祝日 11時・14時(各回約1時間)
       ※荒天・雨天時中止の場合あり
       ※本イベント開催中は毎日実施
       集合:サービスセンター前
       ※本イベント開催中は染井門売札所前でも同時刻に集合
       参加費:無料
【英語ガイド】毎月第1・第3日曜日 11時・14時(各回約1時間)※荒天・雨天時中止の場合あり
       集合:サービスセンター前 参加費:無料

※六義園では、震災の影響で園内に一部立ち入りができない箇所があります。あらかじめご了承ください。

131209rikugienMap.gif

イベント・講座を探そう