参加しよう イベント・講座を探そう

イベント

【終了しました】小石川後楽園「花菖蒲を楽しむ」

  • 自然にふれる
開催日
平成25年6月8日(土)~23日(日)9時~17時
※最終入園は16時30分
場所
130327koishikawaHanashoubu.jpg
~都立庭園 初夏の催し~
水戸黄門こと徳川光圀(みつくに)ゆかりの小石川後楽園では、6月中旬に660株のハナショウブが見ごろを迎えます。その時期に合わせ、より近くでご覧いただけるようにショウブ田の脇に木道を設置し、「花菖蒲を楽しむ」と題してお客様をお迎えします。東京のオアシスで、優美なハナショウブに彩られた新緑の美しい田園風景をお楽しみください。

(1)特別ガイドツアー「花菖蒲めぐり」 ※荒天中止
【日時】6月9日(日)・16日(日)
    9時30分、12時30分、15時(各回約50分)
【集合】松原(案内看板があります)
【内容】ハナショウブの話を聞きながら園内をめぐります。
【講師】上田良就(うえだよしなり)氏(植物研究家)
【定員】各回当日先着20名
【参加費】無料(入園料別途)

(2)庭園ガイド ※雨天中止
【日時】期間中の土曜日・日曜日 
    11時、14時(各回約1時間)
【集合】シダレザクラ前広場(案内看板があります)
【内容】庭園ガイドボランティアの案内で園内散策をお楽しみいただきます。
【参加費】無料(入園料別途)


小石川後楽園について
国指定特別史跡・特別名勝。江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。光圀は作庭に際し明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられました。
【開園時間】9時~17時(最終入園は16時30分)
【休園日】12月29日~1月1日
【住所】文京区後楽1-6-6
【交通】都営大江戸線 飯田橋駅下車 徒歩3分
    JR総武線・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線 飯田橋駅下車 徒歩8分
    東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅下車 徒歩8分
    ※駐車場はございません。
【入園料】一般:300円  65歳以上:150円 
     ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
【問い合わせ先】小石川後楽園サービスセンター 電話:03-3811-3015

イベント・講座を探そう