みどりのiプラザ

開催中の展示

みどりの iプラザ企画展「江戸・東京オリジナル 探る・繋げる東京の文化財庭園」

8月16日(木)~10月31日(水)まで 休館日:日・祝日
現在、東京には25の文化財庭園があり、その全てが江戸時代以降につくられたものです。
江戸時代には、1000 を超える大名庭園があったとされ、これほど多くの庭園がある都市は国内でも珍しく、江戸独特の庭園文化が生まれました。
その後、多くの大名庭園は、明治時代に官有地となり姿を消しましたが、明治・大正の政治家や実業家は、屋敷や別荘に新たなスタイルの庭を造り、かつての大名庭園を活かし等しながら、庭園を楽しみました。
これらの江戸~明治・大正期の庭園は、持ち主の趣味や利用の目的、つくられた時代、庭園の造られた場所等により、江戸・東京ならではのオリジナルの趣向が満載でした。
「江戸・東京オリジナル 探る・繋げる東京の文化財庭園」展では、時代による作庭内容、地形や地域による庭の比較等を通して江戸・東京の庭園を探ります。また、江戸~明治・大正時代につくられた庭園が都立庭園として現在まで、継承されてきた軌跡をたどり、貴重な庭園を守り、未来に繋げる取り組みを紹介します。ぜひご覧ください。

開館時間9:00~17:00

皆様のご来場をお待ちしております。

入場無料

みどりのiプラザの写真

"みどりの i プラザ"は、都立公園の情報、緑や水などの環境にまつわる展示、東京グリーンアーカイブス所蔵の貴重な資料等を一般公開します。また、都立公園などで活躍するボランティアの方々の活動紹介や交流・研修を目的としたみどりの情報発信基地です。

フロアマップ

フロアマップ

情報コーナー/研究交流室

情報コーナーの写真

都立公園などで活躍するボランティアの情報(活動場所や内容)を提供しています。また、都立公園・庭園・霊園・水上バスに関する情報や資料、その他東京の緑と水に関する資料が閲覧できます。

交流室の使用は申請が必要です。

研修・交流室の利用案内

みどりの i プラザ情報提供・公開方法

ページトップへ