ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です

トップ > 参加する > 緑と水の市民カレッジ講座 > 【開催中止】No.6 「『築山庭造伝(前編)』にみる作庭技術の根本とは(全3回)」

カレッジ講座

【開催中止】No.6 「『築山庭造伝(前編)』にみる作庭技術の根本とは(全3回)」

  • 座学
  • 江戸・東京の緑文化を学ぶ
開講日
2020年 ①4/20 ②5/18 ③6/8
(全て月曜日)
10:00~12:00
場所

享保20年に北村援琴が著した「築山庭造伝(前編)」。真・行・草に基づく法と式を守ることを前提とした籬島軒秋里の「築山庭造伝(後編)」が出版されるまでの約100年間、江戸庶民の間で庭づくりの手引書として愛読されていました。『築山庭造伝(前編)』が語る作庭の根本と技術の本質を紐解きます。

<お知らせとお願い>

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、開催を中止いたします。

詳細情報

講師
日本庭園・歴史遺産研究センター 名誉所長
尼﨑 博正
時間
10:00~12:00
定員
30名
受講料
4,840円
資料代込
申込期間

申込開始:2020年3月10日(火)午前9時~

・講座実施日の一週間前まで受付いたします。
・定員満了の場合は、キャンセル待ちでの受付をいたします。
・申込期間が過ぎた際のお申込みや、キャンセル待ちのお申込みは事務局へお問い合わせください。