お知らせ

2018年9月20日

桜ヶ丘公園の生きものたち(9月後半)

トネアザミ.JPG トネアザミ 山の越から聖蹟記念館に上る道の両側で、トネアザミが咲き始めています。まだまだ、つぼみもたくさんありますから、しばらく花を楽しめそうです。
ナンバンギセル.JPG ナンバンギセル ススキやミョウガと共生すると言われているナンバンギセル。大松山のササの中にポツンと一株だけ咲いています。
ヌスビトハギ.JPG ヌスビトハギ おもいでの道のヌスビトハギの群落。花が終わり、名前の由来ともなった、つま先立ちの足跡のような種をつけています。
ノダケ.JPG ノダケ 白い花の多いセリの仲間ですが、紫色のくっきりとした花を咲かせるノダケです。
ヤマホトトギス.JPG ヤマホトトギス ヤマホトトギスが花の盛りをむかえたようです。

ページの先頭へ戻る