お知らせ

2019年3月 2日

3月初めの花いろいろ ~3月2日版~

園内ではウグイスカグラや梅、フクジュソウに続いてカワヅザクラも見ごろになり、アセビやヒイラギナンテンも咲き進みました。

ソシンロウバイは少し色褪せ始めており、まもなく見ごろは終わります。

パークセンター前のサンシュユや尾根緑道沿いのジンチョウゲが咲き始め、これからダンコウバイやキブシが咲く季節になります。
小山内裏公園190302モミジイチゴ.jpg モミジイチゴの花 3月後半から4月前半頃まで咲く落葉低木で、雑木林で見られます。オレンジ色の実が初夏に実る木いちごの仲間です。
小山内裏公園190302フキノトウ (1).jpg フキノトウ フキの繁殖用の株がフキノトウです。雌雄異株で、雌株に咲く雌花は花の後に綿毛が出来て風で種が飛ばされていきます。
小山内裏公園190302サンシュユ.JPG サンシュユの花 園内には野生のものはなく、パークセンター前に1本植栽されています。黄色い花が3月初めから1か月ほど咲きます。
小山内裏公園190302ヒイラギナンテン.JPG ヒイラギナンテンの花 尾根緑道沿いに多く植栽されている常緑低木で、黄色い花が3月に咲きます。花の後には暗紫色の丸い実がなります。葉にはとげがあります。
小山内裏公園190302カントウタンポポ.JPG カントウタンポポの花 日本在来のタンポポの一種で、明るい草地に咲きます。セイヨウタンポポと違って花の後ろの緑色の部分が反り返りません。

ページの先頭へ戻る