お知らせ

2018年6月 9日

6月2週目のトンボ ~6月9日版~

6月は春のトンボと夏のトンボの入れ替わる時期です。

春のトンボのシオヤトンボやニホンカワトンボは6月まで見られ、コシアキトンボやオオシオカラトンボなどは今頃から本格的に見られるようになります。


他にも、クロスジギンヤンマは7月まで、シオカラトンボやショウジョウトンボは初秋まで見られます。
小山内裏公園180609シオカラトンボ♂.jpg シオカラトンボのオス 成虫は4月末から10月初め頃まで見られ、未熟な個体とメスは淡い黄色と黒です。成熟したオスはからだの前7割ほどが白、その後ろが黒です。
小山内裏公園180609オオシオカラトンボ♂.jpg オオシオカラトンボのオス 成虫は5月末から10月初め頃まで見られ、未熟な個体とメスは濃い黄色と黒です。成熟したオスは青灰色で腹端や複眼、はねの付け根が黒です。
小山内裏公園180609コシアキトンボ.jpg コシアキトンボ 成虫は5月末から初秋まで見られ、腹部の中ほどが白くてパンダのような色合いです。大田切池によくいる他、内裏池にも時々います。
小山内裏公園180609ショウジョウトンボ♂.jpg ショウジョウトンボのオス 成虫は5月初めから初秋まで夏に池の上などで見られ、未熟な個体とメスはくすんだオレンジ色、成熟したオスは真っ赤です。
小山内裏公園180609クロスジギンヤンマ産卵 (4).jpg クロスジギンヤンマの産卵 成虫は4月末から7月頃まで池の上などで見られ、オスは胴体に青紋がありきれいです。メスは単独で水面の枯草などに産卵します。

ページの先頭へ戻る