お知らせ

2017年9月 9日

9月2週目の花 ~9月9日版~

晩夏から初秋へと移ったはずなのにこの日はまた暑くなりました。草原ではこれから秋にかけてイネ科の植物が次々と花を咲かせ、種をつけていきます。

つる植物の花は、センニンソウやカラスウリは盛りを過ぎたものの、ヤブツルアズキ、クズなどは見ごろで、ツルニンジン、ヤブマメなどもまもなく咲くでしょう。
小山内裏公園170909キンエノコロ (1).jpg キンエノコロ よく似た仲間は多いですが、金色の毛が生えた直立した穂が特徴です。明るい草原に多く、9月いっぱいが見ごろです。
小山内裏公園170909イタドリ (1).jpg イタドリ 明るい草地や土手などに多いです。春の芽生えの頃は鮮やかな赤い若葉が目立ち、白く細かい花が主に今ごろ咲きます。
小山内裏公園170909ヤマホトトギス (1).jpg ヤマホトトギス

雑木林の下やへりに生え、上下2段になったような変わった形の花が咲きます。鳥のホトトギスに似た白地に赤紫色の小さな点があるのが特徴です。

小山内裏公園170909カラムシ (1).jpg カラムシ 草原や林のへりに生え、小さな白い花が茎の周囲に咲きます。葉の裏が白いのが特徴です。繊維は古くから織物に使われてきました。
小山内裏公園170909カワラケツメイ (1).jpg カワラケツメイ 東京都のレッドデータブックでは南多摩他でVU(絶滅危惧Ⅱ類相当)に指定されており、当公園では自生地を保護しています。

ページの先頭へ戻る