お知らせ

2017年9月 9日

9月2週目の昆虫とクモ ~9月9日版~

花壇には茶色のイチモンジセセリを中心にモンキチョウやアゲハ類、ツマグロヒョウモンなどの初秋のチョウがたくさん見られます。セミもまだ多い一方、エンマコオロギやアオマツムシの鳴き声もにぎやかです。

林の木立の合間には秋に多いジョロウグモの巣が目立つようになりました。ジョロウグモは初冬まで見られます。
小山内裏公園170909カラスアゲハ (5).jpg カラスアゲハ 黒いアゲハチョウの仲間は多いですが、本種は青や緑色の光沢があり美しいです。成虫は年2回春と夏に見られます。
小山内裏公園170909ミツカドコオロギ♂.jpg ミツカドコオロギ 草原などにいる中型のコオロギです。オスは顔が逆三角形で平たく、リッリッリッリッ、と鋭く鳴きます。
小山内裏公園170909サツマノミダマシ.jpg サツマノミダマシ 網を張るタイプの緑色のきれいなクモです。よく似たワキグロサツマノミダマシも園内に生息していますが、本種は背中の前縁に黄色の縁取りがあります。
小山内裏公園170909アズチグモ.jpg アズチグモ 網を張らずに花の上などで獲物を待ち伏せしています。白くて腹部が五角形の小さなクモです。園内には割合よくいます。
小山内裏公園170909コカマキリ.jpg コカマキリ 小型のカマキリで、褐色型が多いですが、まれに緑色のものもいます。カマ状の前脚にはピンク・白・黒の三色の帯模様があります。

ページの先頭へ戻る