お知らせ

2019年7月25日

7月下旬の小山田緑地の昆虫

今年の7月は日照時間が短い日が続きましたが、ようやく夏らしい暑さがやってきました。
夏休みに入り、昆虫たちの活動が盛んになってきます。生命がにぎわう小山田緑地に、ぜひお越しください。
ニイニイゼミ(2019年7月23日)本園、みはらし広場.JPG ニイニイゼミ 他のセミより、一足早く鳴きはじめます。桜の木から聞こえるツィ―ッという鳴き声をたどると、樹皮に溶け込む姿を発見できます。
ルリボシカミキリ(2019年7月24日)本園、石畳.JPG ルリボシカミキリ 瑠璃色の体に、黒い斑点が美しいカミキリムシの仲間です。樹液や集材場などにやってきます。
クサキリ幼体(2019年7月20日)本園、みはらし広場.JPG クサキリ(幼体) 草地では、小さなキリギリスやバッタの仲間をよく見かけます。まだ幼体で、翅(はね)は短く、脱皮を繰り返すことで体が大きくなります。
ヤブヤンマ♀(2019年7月24日)小山田の谷、ため池.JPG ヤブヤンマ 薄暗い水辺を好み、本園の小山田の谷にある、木々に囲まれた池でみられます。メスは水辺の苔や泥などに産卵します。
風景、夏、草地(2019年7月24日)みはらし広場.JPG 夏のみはらし広場 草刈を終えたばかりで、とてもすっきりしています。気温が上がりやすくなっているので、十分な水分を持ってお越しください。

ページの先頭へ戻る