お知らせ

2019年7月 3日

7月上旬の小山田緑地の花

まだまだ梅雨が明ける様子はありませんが、緑地内では夏の花が咲き始めています。
降り続く雨の中でいきいきと咲く、夏の花の彩りをぜひお楽しみください。
ネムノキ(2019年7月3日)本園、三角広場周辺 (1).JPG ネムノキ 花はピンク色の雄しべがよく目立ち、甘い香りがします。夕方頃に、眠るように小葉が閉じて垂れ下がります。
ヤブカンゾウ(2019年7月3日)本園、小山田の谷.JPG ヤブカンゾウ 道端や林の縁などでよく見られます。花が一日でしぼんでしまうこともあるため、「忘れ草」とも呼ばれています。
チダケサシ(2019年7月3日)本園、小野球場周辺 (1).JPG チダケサシ 湿った環境を好み、長い茎の先に淡いピンク色の花を咲かせます。茎に食用キノコの「チチタケ」を突き刺して運搬したことが、名前の由来になっています。
ツユクサ(2019年7月3日)本園、ため池上部.JPG ツユクサ 道端などでごく普通にみられます。鮮やかな青色の花が咲き広がる様子は見応えがありますが、昼にはしぼんでしまいます。
風景、田んぼ、稲(2019年7月3日)梅木窪分園.JPG 7月の田んぼ 6月の田植えから1カ月が過ぎ、稲がぐんぐん成長しています。本格的な夏に向けて稲はさらに成長し、緑の田園風景が広がります。

ページの先頭へ戻る