お知らせ

2018年6月 7日

小山田緑地の6月初旬の虫たち

6月に入り小山田緑地の田んぼでは、ゲンジボタルが飛び始めました。
闇の中で光を放ち飛ぶ姿はとても幻想的です。
日中活発に動き回る虫と夜に活動を始める虫、昼・夜ともに私たちの目を楽しませてくれます。
DSCN2538.bmp カノコガ オレンジと黒の帯模様の体に、黒と白のドットの翅をもつおしゃれな蛾。カノコガ(鹿子蛾)という名前の由来は、翅のドット柄が子鹿の模様に似ているからだといわれています。昼間に活動しいろいろな花で吸蜜しています。
DSCN2588.bmp アゲハモドキ アゲハチョウにみえて正体は蛾のアゲハモドキ。同じ時期に見ることができるジャコウアゲハそっくりに擬態しています。よく見ると毛がはえたような触角をしており、蛾の仲間だということがわかります。
DSCN2632.bmp ナナフシ(ナナフシモドキ) 木の枝そっくりな姿で有名なナナフシ。日当たりの良い雑木林や、林縁の葉上、下草の上で見られます。ナナフシなのにナナフシモドキという名前がつきますが「七節」節くれだった枝に似せている=モドキという意味で使われているといわれています。
DSCN2524.bmp ゲンジボタル 初夏の風物詩ホタル。
小山田緑地ではすでに梅木窪分園のアサザ池から奥にかけて出始めていて、6月下旬ごろまで見られるかと思います。
※夜間は駐車場のご利用はできません。

~給水槽点検(6/12)に伴う断水のお知らせ~

このたび給水槽点検を下記の通り実施します。
実 施 日:6月12日(火)
場  所:本園全域
断水時間:13:30~16:00ごろまで

作業中は断水に伴い、トイレ・水道の使用ができません。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る