お知らせ

2018年3月29日

小山田緑地の「桜」

季節は春休みに入り、平日でも子どもたちの姿を多く見かけるようになってきました。
天気も最高20℃を超える日が続き、虫や花も姿を見せて、公園全体に春らしい風が吹きわたっています。

大久保分園のソメイヨシノは見頃を迎え、本園運動広場のヤマザクラも花を咲かせています。梅木窪分園のヤエベニシダレも開花が始まりました。
小山田緑地のお花見をお楽しみください。
DSCN1388.bmp ソメイヨシノ(大久保分園) 花は淡いピンク色で大きく、1本の木にたくさん咲きます。花が散り始めるころから若葉が出始めます。園内では大久保分園のトンボ池の上方にまとまって植栽されていて、他ではほとんどありません。現在は満開でちょうど見頃になっています。
IMG_1941.bmp ヤマザクラ 雑木林に自生している他に植栽されることもある落葉高木で、園内にはたくさんあります。花は淡いピンク色で、赤茶色の若葉と同時に開きます。
IMG_1966.bmp ヤエベニシダレ(梅木窪分園) 梅木窪分園のトイレ脇に咲いています。
エドヒガンの園芸品種で、淡紅色の八重の花を枝垂れて咲かせる華やかなサクラです。
DSCN1383.bmp 現在の本園運動広場の様子 本園運動広場にはオオヤマザクラという桜が植栽されています。
(写真:やや濃い目のピンク色の花)
ヤマザクラに比べ、花や葉が大きいことからこの名がつけられたと言われています。まだ、4~5分咲きといったところでしょうか。

ページの先頭へ戻る