お知らせ

2018年2月 1日

小山田緑地の動植物~1月30日版~

最近は、園内を歩くと雪遊びをする子どもたちや、雪や凍った池を撮影する人の姿を多く見かけます。
さて、2月に入ってもまだまだ寒さは続きますが、園内では早春の花が咲き始めています。今回掲載した植物以外では、オオイヌフグリやホトケノザなどの花も咲いています。
足元に気をつけながら、早春の花を見に訪れてみてはいかがでしょうか。
IMG_1201.jpg 本園南口近くに咲くウメ 本園南口近くに咲くウメは現在、蕾が大きく膨らみ開花している数も日に日に多くなっています。梅木窪分園のウメは、本園南口のウメより蕾が多く、まだ開花数は少ないです。また、南口にあるソシンロウバイは見頃を迎えています。
IMG_1292.JPG ウグイスカグラ 小山田の道入口にあるウグイスカグラが開花しました。まだ3~4輪程ですが、これから小さなピンク色の花を咲かせます。
IMG_1168.jpg キタテハ 成虫の姿で越冬をする本種。厳冬期は風の当たらない所に潜り込み、春が来るのをじっと待ちます。写真の日は暖かく、日向ぼっこをしに出てきたキタテハを運良く見ることができました。
P1290025.jpg①.jpg トラツグミ 黒と黄色のトラのような模様が美しいトラツグミ。小山田緑地では、冬になると地面で餌を探している姿をよく見ることができます。
写真は本園石畳の道にて。

ページの先頭へ戻る