お知らせ

2018年1月11日

1月中旬の小山田緑地の野鳥

1月も中旬に入り、暖かい日もあったものの寒さがより一層増してきました。園内では残り少ないエサを探して飛び回っている野鳥を多く見かけます。
オオタカやノスリなどの猛禽類が気持ちよさそうに空を飛び、雑木林の中ではコゲラやアカゲラが木をたたく音がよく聞こえます。他にもルリビタキやトラツグミ、ミソサザイなどを調整池やアサザ池の周りで見ることができます。
IMG_1031.jpgシジュウカラ.jpg シジュウカラ 園内でメジロなどと一緒に見られる本種。ネクタイ模様が特徴的で、エサを探して細い枝にぶら下がる姿が見られました。
写真は梅木窪分園にて。
IMG_1035.jpgアオジ.jpg アオジ 木々に紛れるような黄色でまだら模様が特徴的。「チッ」「チッ」と鋭い声が聞こえたら、声のする方をじっと見つめるとアオジがいるかもしれません。
写真は梅木窪分園アサザ池にて。
IMG_1060.jpgシロハラ.jpg シロハラ 落ち葉の下の虫などを採食するため、地面で歩く姿が良く見られます。名前の通り腹が白っぽい。
写真は大久保分園にて。
IMG_1045.jpgコサギ.jpg コサギ 河川や水田などの浅い水辺でエサを探しています。黄色い靴下を履いているように足の指だけ黄色いのが特徴。
写真は梅木窪分園田んぼ脇の水辺にて。

ページの先頭へ戻る