お知らせ

2017年10月12日

小山田緑地の風景 ~10月10日版~

10月になっても夏日が連日続いていますが、雑木林の中を歩いていると、どんぐりがバタバタと葉にあたりながら落ちてきて、地面に当たって弾んでコロコロ…。暑い暑いといいながらも、季節は着実に進んでいる小山田緑地の今を紹介します。
小山田緑地171010オギ.JPG オギ やや湿った場所にぐんせいする。ススキと違って株立ちにならず、穂は白っぽくて毛足が長い。ススキよりも半月ほど遅れて穂を出し、見ごろは9月後半から11月ころ。園内では、梅木窪分園の田んぼ上流側にまとまって生えているほか、本園のみはらし広場のエコパッチ内でみられる。
小山田緑地171010トネアザミ.JPG トネアザミ 秋に咲くアザミの仲間で、小さめな花がたくさんつき、高さ1~2mになる。花期は9月~11月ころ。園内では、本園の竹林下の広場にまとまって見られるほか、雑木林のへりでちらほらみられる。
171004 (76).JPG カントウヨメナ ノギクの仲間で、薄紫の大きめな花が8月~11月初めに咲く。園内ではやや少なく、梅木窪分園などで少し見られる。
小山田緑地コナラ.JPG コナラ 地面に落ちたコナラが根を伸ばし始めていました。もう少し根はのびますが、このままの状態で冬を越します。園内では、雑木林の足元にみられます。注意して歩いてみてください。

ページの先頭へ戻る