お知らせ

2017年8月 3日

小山田緑地の動物 ~8月2日版~

不安定な大気により突然大雨が降り、調整池も満水状態となりました。8月2日~6日は暦の上では「大暑」の末項「大雨時行(たいうときどきふる)」となり、さもありなんといった天候です。花は見所が少なく誰もが目を止めるのはクサギやギボウシ類くらい。その他オトギリソウ、ハエドクソウ、ヌスビトハギ、ミズヒキ、ヘクソカズラ、アキノタムラソウ、ヤブミョウガ等が開花しています。
小山田緑地170802 (1).bmp クルマバッタ 街中では見られない、すっかり珍しくなってしまったクルマバッタ。みはらし広場周辺にたくさんいて、子供でも普通に見つけられる。
小山田緑地170802 (6).bmp ヒメギス 黒っぽい体に頭から背中にかけて緑色が入る中型のキリギリス。田んぼや池の周りの湿っぽい草地でよく見られるが、逃げ足が速い。
小山田緑地170802 (2).bmp オオスズメバチ 世界最大のスズメバチ。コナラやクヌギの樹液によくきているので、クワガタムシやカブトムシを捕まえに行く時はまず確認すること。
小山田緑地170802 (7).bmp オニグモの仲間 円網を張り、獲物をジッと待つ一般的なクモを代表するオニグモ属の一種。中には小さいものもいるが大型のクモも多く、このようにセミを捕食することも珍しくない。

ページの先頭へ戻る