お知らせ

2017年7月13日

小山田緑地の7月中旬の植物

夏の花が咲き揃ってきました。ホタルブクロは終わりかけですが、オカトラノオ、アキノタムラソウ、ヒヨドリバナ、ヤマユリ、オオバギボウシ、ネムノキ、リョウブ等は見頃です。ゴンズイやウワミズザクラなど、実が色づき始めた植物もあります。
DSC_8103.bmp タカトウダイ 園内では少なく、本園のエコパッチなどで見られる。トウダイグサ科らしい独特の花序(かじょ)は見ていて飽きない。よくアリが蜜に集まっていて、ポリネーターなのだろうか。
DSC_8049.bmp カンガレイ サンカクイとよく似ているが、花の基部に柄がなく葉から直接咲いているように見える変な植物。湿地や池に生育し、園内にはサンカクイの方が圧倒的に多い。
DSC_8108.bmp ヒメドコロ そっくりな植物にヤマノイモ、オニドコロがあり、ヤマノイモとは葉が対生でないことで、オニドコロとは雄花序が垂れ下がっていることで区別できる。
DSC_8147.bmp ヒンジガヤツリ ヒンジ、つまり「品という漢字」に見えることから名づけられた。小さく華奢なカヤツリグサ科の植物で、低茎草地の中でも小さく愛らしい。

ページの先頭へ戻る