お知らせ

2018年11月19日

代々木公園 技能見学会 伝統技能の公開「 雪 吊 り 」


代々木公園では毎年、園内のマツに「雪吊り」を行い、その光景は冬の風物詩と
なっています。
代々木公園の技能職員が「雪吊り」作業をお見せしながら、日本の伝統的な庭園
技法について解説します。ぜひこの機会に「雪吊り」を見学してみませんか?


日時:   平成 30 年 12 月 1 日(土) 13時30分~14時30分 
       
        ※雨天中止
        ※当日9時に開催の可否を決定し、9時以降に当公園ツィッターで
         お知らせします。https://twitter.com/parksyoyogi
         不明な場合は、お電話(03-3469-6081)にてお問合わせ下さい。

会場:   代々木公園  原宿門

内容:    庭園の伝統技能である「雪吊り」の手法、帆柱から縄を投げ下ろし、
       その縄を結束するまでを、技能職員が解説しながら披露します。
       見学の方も、結束作業を体験していただけます。
       
        「雪吊り」とは、雪などによる枝折れ防止と装飾を兼ね、縄で
         樹木の枝を吊り上げておく、庭園の技法のひとつ。
        
参加費:  無料

参加方法: 自由見学(当日直接会場にお越しください。)

その他:  園内では、冬の風物詩である「こも巻き」や「霜除」も
       ご覧いただけます(実施中。3月初旬まで)。
       年末年始には「門松」をサービスセンター前に設置します。
       (12月26日~1月7日)。

雪景色の雪吊り霜除.jpg 雪景色の雪吊りと霜除
昨様.jpg 雪吊りの設置の様子(昨年の様子)
霜除.jpg 霜除
原宿門.jpg




ページの先頭へ戻る