お知らせ

2018年8月13日

セイヨウニンジンボク 2番花を咲かせ始めています。~8/7のボランティア活動報告&イベント情報~

……………・・・‥‥……………・・・‥‥……………‥

代々木公園 樹木のウォッチング・ガイド
  ~ 公園内の木々の季節の姿をお伝えしています ~

【 代々木公園ボランティアの樹木観察情報 8月7日 】

……………・・・‥‥……………・・・‥‥……………‥


◎ 個別情報 ─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

《 花 開花中です 》
サルスベリ、キョウチクトウ、フヨウ、ムクゲ
セイヨウニンジンボク、クサギ、エンジュ、ノリウツギ(ミナヅキ)

《 実 熟果や色づきが見られます 》
ロウバイ、ゴンズイ、コブシ、ミズキ、ヤマボウシ
カジノキ、マテバシイ、クロモジ、サンゴジュ、アカメガシワ

《 実 果実が見られます 》
サザンカ、シデ類、ケヤキ、カツラ、エノキ、クロハンノキ
イロハモミジ、モチノキ、ユリノキ、ヒマラヤスギ、ハクモクレン
トウカエデ、イチョウ、クロマツ、マユミ、サンシュユ、サワラ
キリ、ツバキ、ハナミズキ、エゴノキ、トキワセンダン、シロダモ
ムクノキ、コウヤマキ、スダジイ、コナラ、テイカカズラ、ニシキギ
クスノキ、イイギリ、ムクロジ、モッコク

《 実 幼果が見られます 》
アオキ、トウネズミモチ、ギンバイカ、ドングリ類

180807_08セイヨウニンジンボク1.jpg セイヨウニンジンボク

渋谷門脇で、2番花を咲かせ始めています。咲き終わった後の1番花の黄色い実とのコントラストが鮮やかです。

180807_04コブシ.jpg コブシ

実の色付きが一段と進み、ピンク色が鮮やかになってきました。丘の広場下の園路沿いなどで見られます。

180807_07マテバシイ.jpg マテバシイ

成長の早いマテバシイのドングリの中に、もう茶色く成熟したように見えるものがあります。

180807_02モッコク.jpg モッコク

実が、非常に大きく育っています。葉と比べてもその大きさがよく分かります。園内各所で見られます。

170807サルスベリ 2.JPG サルスベリ

一気に花量が増え見頃になっています。サルスベリの林で見られます。

……………・・・‥‥……………・・・‥‥……………‥     

◆【 平日の樹木観察会 】 ・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…
   
   『 日本は四季の変化が豊かな国です。 』

公園ボランティアと一緒に今の季節の自然の営みを、少し詳しく見てみませんか。
その姿の多様さに驚かれるかもしれません。どなたでもご参加いただけます。

日  時:  平成 30 年 8 月 28 日 (火)

       (毎月最後の火曜日午前中に実施。但し12月は1週繰上げ。) 
   
        10:30 ~ 12:30 (雨天中止)
      
集合場所:  代々木公園サービスセンター前

< 前年8月に観察が出来たもの >
【 花 】サルスベリ、クズ、キョウチクトウ、ムクゲ、クサギ、フヨウ
【 果実 】ユリノキ、イロハモミジ、ヒマラヤスギ、コブシ、ドングリ類
     アカシデ、イヌシデ、ムクロジ、ハリエンジュ、シロダモ
     クスノキなど
【 熟果 】ゴンズイ、ミズキ、ヤマボウシ、イチョウ、カツラ、ケヤキ
【 冬芽 】ソメイヨシノ


◆【 第6回日曜日自然教室 】 ・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…
   
   『 人間にとっての樹木・森林環境 』

人間にとっての森林の重要性を地球温暖化、温度環境、水環境、
気象緩和機能などからやさしく解説します。

日  時:  平成 30 年 9 月 2 日 (日)

     
        13:00 ~ 15:00 (雨天実施)

集合場所:  代々木公園サービスセンター 2階
      
講師:    東京農工大学名誉教授 生原喜久雄



◆【 ボランティアによる樹木ガイド 】 ・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…

  
   『 園内、本数の多い樹木(高木) 上位10種をご案内します。 』

公園ボランティアがガイドをいたします。
園内その時々の木々の様子を見ながら、木の名前を覚えることが出来ます。
どなたでもご参加いただけます。お気軽にお越しください。

日   時: 平成 30 年 9 月 11 日(火)
      (毎月第2火曜日午後に実施。但し1月は1週繰下げ。)

      
        13:30 ~ 15:00 (雨天中止)

集合場所: 代々木公園サービスセンター前



※日程、内容が変更になる場合があります。
※損害保険に加入しておりませんので、参加に対して各自、事故、怪我の無いように注意をお願いします。

ページの先頭へ戻る