お知らせ

2018年2月 7日

~H29年度第11回 日曜日自然教室 実施報告~

代々木公園ボランティアでは、第一日曜日を中心に日曜日自然教室を開催しています。

平成29年度の11回目となる今回は、『越冬中の昆虫観察』を実施しました。
皆さまにはご参加いただき、ありがとうございました。

1.日時
平成 30年 2月 4日(日) 13:00~15:00

2.テーマ
越冬中の昆虫観察

3.内容
夏にたくさんいた昆虫、冬の間どこでどうしているのだろうか?そんな疑問
から冬の昆虫観察を行いました。
葉を食べる昆虫のうち、「ハムシ」は成虫で葉の裏、幼虫で土の中で越冬し
ます。そこで、ツツジ類の葉の裏を探してみました。
次に冬の間に害虫などを誘引するためのクロマツの「コモ巻」をはずして、
どのような昆虫などがいるかを観察しました。クモ・アブラムシ・ダニの類
が生息しています。
ケヤキの樹皮は剥がれやすく、観察には適しており、樹皮の下には幹に潜る
ゾウムシが見られました。

4.参加者
・ 一般2名
  代々木公園ボランティアメンバー5名

コモ巻の中を観察.jpg コモ巻の中を観察
keyaki.jpg ケヤキの樹皮の下には何が?

ページの先頭へ戻る