お知らせ

2020年4月26日

【休園中の旧古河庭園】大輪バラの開花が始まりました!ツツジ・モッコウバラ・牡丹が見頃

※この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。

※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、旧古河庭園は5月6日まで休園となっております。
ですが、園内は春爛漫。
ご来園いただくことはできませんが、少しでもご覧いただいている皆様に季節を感じていただければと思い、バラの様子を中心に園内の状況を案内させていただきます。
旧古河庭園200425プリンセス・オブ・ウェールズ開花第一号.jpg 大輪のバラ開花第一号は今年も「プリンセス・オブ・ウェールズ」!(4月25日撮影)
旧古河庭園200424ボタン(8).jpg 園内各所にある牡丹が見頃(4月25日撮影)
旧古河庭園200426モッコウバラとツツジ(2).jpg モッコウバラも見頃(4月26日撮影)
旧古河庭園200426ハナミズキ.jpg ハナミズキ見頃(4月26日撮影)
旧古河庭園200426渓谷(2).jpg 鮮やかな渓谷の新緑(4月26日撮影)
旧古河庭園は一年で一番華やかな時を迎えようとしています。
皆様待望の大輪のバラの開花が始まりました!
今年は…というか、今年も「プリンセス・オブ・ウェールズ」が第一号となりました。
黄色・白の木香茨(モッコウバラ)も昨年より3日早く見頃となりました!
お花をいっぱいつけて生命の勢いを感じます。
欄干に絡まるモッコウバラの素朴な色合いとツツジの目の覚めるような色のコンビネーションが素敵です。

そしてその躑躅(ツツジ)も見頃。
遅咲きや皐月(サツキ)も一緒にあるのでしばらくはこのような状態が続きそうです。
特にバラ園上段から下段にかけての法面のツツジですが、このような見せ方は他ではなかなかないと思います。
緑地に躑躅色の模様が印象的な絨毯のよう!

その他にも牡丹やハナミズキが見頃。
さらにジャーマンアイリスにもつぼみがつきはじめました。
そして日本庭園を中心とした新緑…
本当にこの時期は目に映る色全てが鮮やかなので、事態が収束したら是非体感していただきたいです。



園内状況はツイッター(@kyufurukawa)でもご案内しています。

●洋館・喫茶・茶室の見学や運営等については管理者(公財)大谷美術館へお問い合わせください。(庭園と同じく5月6日までは休館となります)

ページの先頭へ戻る