お知らせ

2014年4月 7日

【六義園】春の六義園~大名庭園でつつじを楽しむ

六義園130422園内ツツジの状況 .JPG 藤代峠からの眺望(昨年の様子)
六義園130502藤代峠ツツジ.JPG
元禄時代、駒込染井を中心にツツジの園芸ブームが江戸中に起こりました。流行の中心地であった六義園には古品種のツツジが数多く植えられ、現在まで残っています。このツツジの見ごろに合わせ、六義園と江戸園芸ツツジの歴史に楽しく触れることのできる催しを開催します。春の穏やかな陽気の中、鮮やかな赤や紫に彩られた六義園にご来園ください。

①期間:4月19日(土)~5月6日(火・休)
     9時~17時(最終入園は16時30分)
     ※ゴールデンウィーク中(4月26日~5月6日)は、開園時間を18時まで延長します。(最終入園は17時30分)
     ※4月19日(土)、20日(日)及びゴールデンウィーク中は、駒込駅から徒歩2分の染井門を開門します。
②内容
・ツツジの特別ガイド※雨天中止
日時:4月29日(火・祝)・5月3日(土・祝)10時30分・13時15分(各回約60分)
集合:しだれ桜前広場
内容:樹木医によるツツジの種類や特徴、歴史などの解説を聞きながら園内を巡り、多彩なツツジを鑑賞します。
講師:山本三郎氏(樹木医)
参加費:無料(入園料別途)

・ツツジの解説パネルの展示
日時:期間中毎日
場所:サービスセンター横・園内各所
内容:六義園にある古品種のツツジ等、江戸の園芸品種として代表的なツツジの魅力をわかりやすく紹介します。

ページの先頭へ戻る