お知らせ

2017年11月10日

ハシビロガモやツグミが観られました

2017ハシビロガモ01.jpg ■ハシビロガモ くちばしがユニークな形のカモの仲間です。
上くちばしの縁には板歯と呼ばれる櫛状の突起があり、これで水面に浮くプランクトンや藻などを効率よく食べることができます。
鳥類園の上の池に多数のハシビロガモが来ているので、探してみてください。
(この画像はハシビロガモのメスです)
2017ハシビロガモ02.jpg              (この画像はハシビロガモのオスとメスです)
2017ツグミ02.jpg ■ツグミ 今季初のツグミがやってきました!
ジョウビタキやツグミなどが来るといよいよ冬がやってきたな、と感じます。
年末ごろまでは木の実をよく食べていますが、年が明けると地面や落ち葉下の越冬昆虫などを探して地面を歩いています。
●鳥類園イベント情報●

◆鳥類園ガイドツアー  
 毎月第2日曜日  14:00~15:00

◆植物“感”察会  
 毎月第4土曜日  14:00~15:00

集合場所 鳥類園ウォッチングセンター(開始時刻の10分前まで)
申し込み不要です。当日直接ウォッチングセンターへお越し下さい。
専門スタッフが丁寧に解説しますので、ぜひご参加ください。

ページの先頭へ戻る