蘆花恒春園 お知らせ

【2月18日開催】愛子忌

2017年2月 8日
愛子忌

徳冨蘆花の没後、夫人の愛子氏は東京市(当時)に土地・建物・蘆花の遺品すべてを寄付しました。
愛子氏の意向に沿い、蘆花をしのぶ公園として整備され、のちに開園した開放公園区域も含め「都立蘆花恒春園」として現在に至ります。
1947(昭和22)年2月20日、熱海にて72歳で逝去された愛子氏をしのび、命日に近い2月第三土曜日に「愛子忌」を開催しています。
【日  時】 平成29年2月18日(土)
       13:30~15:30
【会  場】 蘆花恒春園 愛子夫人居宅
【内  容】 13:30~14:00 「蘆花会」活動報告
       14:00~15:30 講演会「<蘆花>を編む―愛子と『蘆花全集』と読者たち―」
                講師:平石 岳(同志社大学大学院後期課程在学中)
【参加費】  無料
【参加方法】 事前申込制 お電話にて承ります。
        申込先:蘆花恒春園サービスセンター  TEL:03-3302-5016
        ※会場の都合上、席に限りがございます。
愛子夫人.jpg
徳冨愛子(1920年ニューヨークにて)
蘆花恒春園160805愛子夫人居宅.JPG
会場 愛子夫人居宅
※蘆花会:毎年9月第三土曜日の「蘆花をしのぶ集い」や、年2回の「蘆花文学セミナー」等のイベント開催を通じ、蘆花の継承を行っているボランティア団体です。

公園を探そう